著者として知っておくべき出版業界の裏知識

カテゴリー:企画の知識

企画の知識『セミナーと本の企画の違い』

seminar

本の著者のセミナービジネスに携わったり、 自分自身でも講師をする中で感じるのが、 セミナーの企画と本の企画は 似て非なるものです。 まず、マーケットセンスが根本的に違います。 セミナーは、テーマは狭い方…

詳細を見る

企画の知識『企画書はお弁当です。』

obentou

私が出版コーチングで行っている 出版企画の作り方を、料理に例えて書いてみます。 【ステップ1】 まず、あなたの中にある個性を ひとつひとつ取り出します。 【ステップ2】 長い人生の中で絡み合っている個性を…

詳細を見る

企画の知識『読みすぎると書けなくなる』

yomisugi

本を読みすぎてしまうと 本が書けなくなります。 なぜなら、いい本ばかり読んでしまって、 自分が書く本のハードルを 自分でどんどんあげてしまうからです。 なので、本を読む、という行為を やめてくださ…

詳細を見る

企画の知識『有名人だからイケる企画』

20120402_2912687

ある有名なマーケッターの方が、 あるポスター広告を見て、一言。 「これは中小企業は  マネしちゃいけない広告だ」 そのポスター広告で 宣伝されていたのは、 【のりたま】 です。 そ…

詳細を見る

企画の知識『ライバル歓迎』

rival

企画書では、「類書」という項目で 売れている類書をあげ、類書との差別化を書いてください。 と言うと、80%の人が、 売れていない類書を書いてしまいます。 それでは、 「私の企画は売れないですよ」 …

詳細を見る

出版の知識『なぜ駄本が売れるのか』

p46

出版セミナーで講師をしていると、参加者の方から 「なぜ、内容の薄い本がベストセラーになり、 内容が濃い本が売れないのですか!?」 と、少し怒った様子で聞かれることがあります。 たしかに、それは真実です。 考…

詳細を見る

企画の知識『時代を先読みする方法』

mirai

時代の最先端の技術や 考え方について書かれた企画は、 たいてい、外国人著者の翻訳本です。 『FREE フリー』 『WORK SHIFT ワーク・シフト』 『ブルーオーシャン戦略』 などなど。 日…

詳細を見る

企画の知識『ベストセラーは繰り返す』

bookoff

ブックオフには、 「過去によく売れていた本」 がたくさんあります。 よく売れたからこそ、 ブックオフに流れてくるのです。 「ブックオフにある本は 駄目な本だ」 なんて、思わないでください。 …

詳細を見る

企画の知識『問題提起が切り口になる』

kanda

フォレスト出版の本というのは、 神田昌憲さんのマーケティング手法と、 苫米地英人さんの脳科学と、 石井裕之さんのコールド・リーディングを フル活用して作られています。 いわば、洗脳手法をフル活用して、 作られているの…

詳細を見る

二木拓磨の公式サイト

アドベンチャーライティング(二木拓磨公式サイト)