著者として知っておくべき出版業界の裏知識

ワンポイント企画術『ハードカバーを変換しよう!』

arrows_tail_spin_multi_colored_800_clr_9654

「企画の切り口が見つかりません!」

という方は、書きたいテーマの

ハードカバーの本を買ってください。

ハードカバーの本は、

「で、どうしたらいいの?」

という答えが特にない本が多いんです。

その答えを、あなたが提示して、

企画を作ればいいんです。

ちなみに、ハードカバーの本は

難しく書かれていて、

あまり庶民向けには書かれていません。

なので、簡単にして、読書負荷を下げた

企画に変えてあげてください。

【おもしろい切り口】

でフックを作ったり、

【ご利益を具体的に提示】

してベネフィット押しの実用書にしたり、

【テンション高くフランクに攻めて】

エッセイのような読みやすさも追加したりすると、

ハードカバーよりもより裾野が広い、

一般的な読者も買いたくなるような

【ソフトカバーの企画】

になるのです。



「夢を持つ人を応援したい!」

わたしは、夢を目指している人を応援したくて、独立しました。

稼げずに苦しんでいた時、助けてくれたのは出版の仕事でした。

「出版を通じて、夢を持つ人を応援する!」

出版業界で働いて、セミナービジネスにも関わるようになり、マーケティングとビジネスモデルも学び、「一緒に起業しないか?」と誘われ、騙されたりもして、辿り着いた先。

わたしは『出版コーチ』として活動を始めました。出版業界で働く中で知り得た出版ノウハウを、スカイプを通じたコーチングという形でお伝えし、一緒に企画をつくりあげていく。

おかげさまで出版コーチングは決して安い金額ではないにもかかわらず、多くの方にご利用いただき、サポートさせていただいた人数は100名を超えました。

出版ゼミナールは、出版コーチングで行っていることをブログ、メルマガ、ワークシート、セミナー動画という形で共有させていただき、ゼミ生全員で「出版」を目指していくWEB上のゼミ活動です。

どんな本を出すにせよ、出版企画を作らなければ編集者から見向きもされません。

質の高いコンテンツを、一緒に作り上げていきましょう!

期間限定で無料会員募集中。

出版ゼミナール 無料会員登録(メルマガ登録)

メールアドレス 【半角英数字】(例)example@example.com


関連記事

二木拓磨の公式サイト

アドベンチャーライティング(二木拓磨公式サイト)