著者として知っておくべき出版業界の裏知識

ワンポイント企画術『企画を分割しよう!』

tomato

出版テーマが決まって、

「さあコンセプトを考えよう!」

という段階になって、

なかなかコンセプトが定まらない人がいます。

「20代の若い世代にはこれを教えたい」

「30代男性で独立したい人にはこれが言いたい」

「40代の人生を迷っている女性にはこれが伝えたい」

コンセプトを絞った方がいいと

わかっていても、なかなか絞れない。

わかります。その気持ち。

そんな時は、3冊分の企画を

一気に考えましょう!

1つのテーマを元に、

3つのコンセプトを考えるのです。

編集者にはそれぞれ専門がありますし、

好みによって決まる側面も大きいので、

企画はたくさん作っておくに越したことはありません。

自分の頭の中がごちゃごちゃしている人は、

それをいったん外にすべて出して、

整理すると、本の企画が何冊分あるのか見えてきます。

「自分のオリジナルコンテンツが

できました!」

と、出版の前にコンテンツビジネスを

スタートしてうまくいく方もいます。

・セミナー講師

・教材作成

・スクール事業

こういったコンテンツビジネスと

出版ノウハウとは、非常に相性がいいんです。



「夢を持つ人を応援したい!」

わたしは、夢を目指している人を応援したくて、独立しました。

稼げずに苦しんでいた時、助けてくれたのは出版の仕事でした。

「出版を通じて、夢を持つ人を応援する!」

出版業界で働いて、セミナービジネスにも関わるようになり、マーケティングとビジネスモデルも学び、「一緒に起業しないか?」と誘われ、騙されたりもして、辿り着いた先。

わたしは『出版コーチ』として活動を始めました。出版業界で働く中で知り得た出版ノウハウを、スカイプを通じたコーチングという形でお伝えし、一緒に企画をつくりあげていく。

おかげさまで出版コーチングは決して安い金額ではないにもかかわらず、多くの方にご利用いただき、サポートさせていただいた人数は100名を超えました。

出版ゼミナールは、出版コーチングで行っていることをブログ、メルマガ、ワークシート、セミナー動画という形で共有させていただき、ゼミ生全員で「出版」を目指していくWEB上のゼミ活動です。

どんな本を出すにせよ、出版企画を作らなければ編集者から見向きもされません。

質の高いコンテンツを、一緒に作り上げていきましょう!

期間限定で無料会員募集中。

出版ゼミナール 無料会員登録(メルマガ登録)

メールアドレス 【半角英数字】(例)example@example.com


関連記事

二木拓磨の公式サイト

アドベンチャーライティング(二木拓磨公式サイト)