著者として知っておくべき出版業界の裏知識

文章執筆の知識『ラストスパートはホテルで』

sw-b

ゴーストライターの原稿執筆が佳境なので、

ホテルにこもって書くことにしました。

やはり、ラストスパートは

籠って書くのが一番です。

本を書くのに必要な

1.取材資料(バインダー6個)

2.類書(15冊)

3.パソコン(レッツノート)

「だけ」を持ちこみ、ガシガシ書いています。

ついたらすぐに、

ホテルにあるテレビや電話を

デスクの上からを撤去して、

【小学校の机5個分】

もの面積の、最高のデスクが準備完了。

姿勢をよくするクッションや、

足を冷やさない「シルクと綿の2層構造」の5本指靴下、

そしてマイスリッパを履いて、

緊張感を保つためにスーツでビシっと決めて、

赤いネクタイをキュッと締めて、

最高の執筆環境が完成しました。

しかも、最高のホテルを選びました。

高円宮典子さまと千家国麿さんが

結婚披露宴を行なったホテル一畑です。

ツインの広い部屋で、湖が見える6階で

見晴し最高です。



「夢を持つ人を応援したい!」

わたしは、夢を目指している人を応援したくて、独立しました。

稼げずに苦しんでいた時、助けてくれたのは出版の仕事でした。

「出版を通じて、夢を持つ人を応援する!」

出版業界で働いて、セミナービジネスにも関わるようになり、マーケティングとビジネスモデルも学び、「一緒に起業しないか?」と誘われ、騙されたりもして、辿り着いた先。

わたしは『出版コーチ』として活動を始めました。出版業界で働く中で知り得た出版ノウハウを、スカイプを通じたコーチングという形でお伝えし、一緒に企画をつくりあげていく。

おかげさまで出版コーチングは決して安い金額ではないにもかかわらず、多くの方にご利用いただき、サポートさせていただいた人数は100名を超えました。

出版ゼミナールは、出版コーチングで行っていることをブログ、メルマガ、ワークシート、セミナー動画という形で共有させていただき、ゼミ生全員で「出版」を目指していくWEB上のゼミ活動です。

どんな本を出すにせよ、出版企画を作らなければ編集者から見向きもされません。

質の高いコンテンツを、一緒に作り上げていきましょう!

期間限定で無料会員募集中。

出版ゼミナール 無料会員登録(メルマガ登録)

メールアドレス 【半角英数字】(例)example@example.com


関連記事

二木拓磨の公式サイト

アドベンチャーライティング(二木拓磨公式サイト)