著者として知っておくべき出版業界の裏知識

ワンポイント企画術『ハードカバーを読もう!』

oi

著者デビューする方のほとんどは、 ソフトカバーの本で出版することになります。 8~9割の方は、単行本のソフトカバーです。 ですので、自分が出版する本の イメージにもっとも近い本としては、 ソフトカバーの…

詳細を見る

良い表紙で学ぼう『キミがこの本を買ったワケ』

kimiwake

『キミがこの本を買ったワケ』 表紙コピー&デザイン独断評価 インパクト :★★★☆☆ フック :★★★★★ ベネフィット:★★☆☆☆ ※本の中身や著者に対する評価ではありません。 表紙コピー&デザイン評 本…

詳細を見る

編集者の傾向と対策『佐藤和夫さん』

asa_satou_p

佐藤和夫さんは、中経出版にて ビジネス書や雑誌の編集に携わったのち、 あさ出版を立ち上げ、独立。 経営者自らも編集を手掛け、 『なぜ儲からないか』 『日本でいちばん大切にしたい会社』 などベストセラー…

詳細を見る

企画の知識『有名人だからイケる企画』

20120402_2912687

ある有名なマーケッターの方が、 あるポスター広告を見て、一言。 「これは中小企業は  マネしちゃいけない広告だ」 そのポスター広告で 宣伝されていたのは、 【のりたま】 です。 そ…

詳細を見る

ワンポイント企画術『テストマーケティングをしよう!』

l_216

セミナーをして集客しやすいテーマでも、 本にすると出版社が採用してくれにくい ことがあります。 本は、セミナーよりも、 より大きなマーケットが必要なためです。 セミナーのように、ターゲットを絞りすぎたり…

詳細を見る

良い表紙で学ぼう『バカ上司を使いこなす技術』

baka

『バカ上司を使いこなす技術』 表紙コピー&デザイン独断評価 インパクト :★★★★☆  フック  :★★★★☆ ベネフィット:★★★★☆ ※本の中身や著者に対する評価ではありません。 表紙コピー&デザイン評 …

詳細を見る

編集者の傾向と対策『竹村俊介さん』

take

竹村俊介さんは、 大学卒業後、日本実業出版社で ・書店営業2年 ・PR1年 その後、中経出版に転職し 『今日からできる 上手な話し方』 『はじめてリーダーになる人の教科書』 の担当編集を行った後、星海社…

詳細を見る

タイトルの型を学ぼう『なぜ○○は△△なのか』

IMG_3265

『なぜ○○は△△なのか』 というタイトルの型の本で、 2013年に出た321冊の書籍のうち、 「うまいっ!」 と私が感じたタイトルを30冊選びました。 『なぜ本』のタイトルを考える上での 参考にしてく…

詳細を見る

出版業界の知識『書籍の価格破壊』

4f2e367e

書籍の価格破壊が進行しています。 従来ではソフトカバーで出していたようなノウハウ本も、 新書や文庫本の描き下ろしで目にすることが増えました。 コンビニには、500円台の本も目立つようになっています。 ダイソー…

詳細を見る

編集の知識『帯は日本の文化』

IMG_2973

昨年、アメリカ最大の書店チェーン 「バーンズ・アンド・ノーブル」 に行ってきました。 アメリカの本は、どれもBIGサイズ! ハードカバーの本は、 日本の約20%も大きいんです。 そして、つくりも豪…

詳細を見る

二木拓磨の公式サイト

アドベンチャーライティング(二木拓磨公式サイト)